平成24年度日本大学第三学園生徒支援会定期総会

去る6月2日(土)に定期総会が開催されました。
理事長代理堀内校長のご挨拶に始まり、23年度役員の紹介。
役員会、リサイクル委員会、イベント委員会、コミュニケーション委員会、高校・中学各学年委員会の活動報告。
23年度収支決算報告。
24年度役員候補者の承認、紹介と挨拶。
24年度活動計画案。
24年度収支予算案。
保護者からの要望には、24年度会長の村上さんより「今後検討していきます」との回答があり、滞りなく終了いたしました。

総会に出席して支援会の活動内容を改めて(初めて)知ったという方もいらっしゃったのではないでしょうか。
高校3年生の学年委員の方の努力により卒業式では華やかな生花のコサージュが卒業生の胸元を飾ってくれたことなど…(各委員会の活動内容も定期総会議案書に記されています)。

高校3年生の学年委員会では、今年もコサージュを計画中とのこと、その他の委員会の活動も含め楽しみにするとともに、一人でも多くの方にご協力いただけることを願っています。
(取材 コミュニケーション委員会 中村)

2012年06月19日:報告お知らせ

平成24年度日本大学第三高等学校・中学校入学式

高等学校・中学校新入生並びに保護者の皆様、御入学おめでとうございます。
コミュニケーション委員会では、入学式の取材をさせて頂きましたので、ご報告をさせて頂きます。

学校周辺の桜の花が満開になるまで、あと少しとなった4月7日土曜日、平成24年度入学式が挙行されました。少し花冷えのする日でしたが、多くの方々の祝福を受け、大変盛大な入学式となりました。

まずは、高等学校の入学式です。
三中で三年間を過ごし制服姿も板についている内進生と新しい制服にまだ慣れていない様子の外進生。合わせて459名が入学されました。
大変多くの保護者の方が参列され、講堂は超満員でした。新入生を迎える拍手も、一際大きく鳴り響いていました。
高校新入生は緊張した表情ではありましたが、さすがに態度も堂々としていて立派で、また、
新入生代表の宣誓は将来へ向けての力強い決意も込められた素晴らしいものでした。
式を拝見し、我が子の入学式のことを思い出し、胸が熱くなりました。晴れて三高生になれたことへの喜び、そして高校生活への期待と不安の入り混じった気持ちで、入学式に臨んだことを思い出しました。

続いては、中学校の入学式です。257名が入学されました。
つい先日までランドセルを背負っていた子どもたち。まだあどけない顔立ちで、可愛らしいといった印象ですが、やはり制服を着ると、ちょっぴり大人びて見えます。
入学式前に宿泊研修を行ったそうで、仲間意識が芽生え、打ち解けている様子も見られました。
式の様子を拝見しても、学校長先生や来賓の方のお話しを聞く態度も大変立派なもので、すでに三中生としての自覚をしっかりと持っているように感じました。
保護者の皆様も、晴れて三中生となられた子どもたちを、とても誇らしげに温かく見守って
いらっしゃるようでした。
高校と同様、大変厳粛な入学式で、新入生代表の宣誓は、子どもらしく元気がよく、ハキハキとした素晴らしいものでした。

新入生保護者の方々に少しインタビューをさせて頂きました。
・良い天気で、良い日に入学式を迎えられて嬉しい。
・親子ともども、とても楽しみにしていたので、今日が迎えられてとても嬉しい。
・親も子も緊張しているが、とても嬉しい。
・ここまで頑張ってきたので、今日を迎えられてとても嬉しい。
・新入生入場の時の堂々とした我が子の姿を見て、感動した。
・とても厳粛な式でよかった。校旗を持つ生徒さんや吹奏楽の皆さんの演奏も素晴らしかった。

今回、取材ということで入学式に参列させて頂きました。我が子の入学式ではないのに、感動して胸が熱くなりました。このように盛大で心温まる入学式を経て三高・三中の仲間となられた新入生の皆様の、今後の御活躍を心よりお祈りしております。

末筆ながら、取材にご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

2012年05月10日:トピックス , 報告お知らせ

今年度クラス幹事及び私学振興拡充支部大会参加者選出のお願い

日頃より、学校および生徒支援会へのご協力ありがとうございます。
今年度のクラス幹事を選出する時期となりました。今年度のクラス幹事につきましては各クラスから2名選出していただき、1名は委員会担当(第1回幹事会=5月12日実施にてリサイクル、イベント、コミュニケーション委員会に振り分けます)、1名は学校担当として活動していただきます。3名以上になった場合や2名の方の申し出がなかった場合にはクラス担任の方で決まるまで調整させて頂きます。
また、例年10月に開催されております私学振興拡充支部大会の参加者も合わせて2名選出させて頂きます。今年度は10月13日(土)に三軒茶屋にあります昭和女子大学人見記念講堂にて14時より開催予定です(1時間半程度)。こちらはこの1回限りです。是非ご協力をお願いいたします。こちらは例年動員数が多いため、2名を越えた場合にも全員の方にお願いする予定です。

尚、第1回幹事会を5月12日(土)14時~16時食堂で開催します。また、ご質問やご希望がおありになる場合は、支援会担当の塩沢(042-793-2461直通)までご連絡下さい。

※ クラス幹事、私学振興拡充支部大会参加者が決まりましたら、は5月2日(水)までに皆様にご連絡を差し上げます。

2012年04月17日:会員へのお願いお知らせ

第65回 日本大学第三中学校卒業証書授与式

取材 コミュニケーション委員会

日大三中卒業証書授与式が3月22日(木) 本校講堂にて行われました。
前日の曇り雨の寒い天気から一転、中学校を巣立つ生徒たちを暖かく包む晴れの日となりました。

校長先生が「皆さんの事を誰より心配し、見守ってくれているのはお父さん、お母さん、ご家族の方々です。この事を忘れずに夢や希望を持ち続けてほしいと思います。健康に注意して、親切な心を大切に、新たに入ってくる生徒と仲良く高校生活を送って下さい。‥‥抜粋」とお話され、続いて来賓の先生のお話も、生徒達は真剣に聞き入っていました。(写真2枚目)

保護者代表の先生方への御礼の挨拶に「昨年の大震災の折りに悲しみの中にも協力する姿が、世界から称賛された話があり、日本人では当たり前の行動だが、それを忘れずに、高校生として新たな気持ちでさまざまな事に挑戦してほしいと思います。‥‥抜粋」と話されていました。

卒業式が終わり、暖かい拍手で見送られながら講堂を出る生徒達の表情は皆、中学校との別れの寂しさよりも、4月から高校生になるんだという誇らしい表情に見えたのが強く印象に残りました。

各教室に生徒と保護者が移動する通路には、卒業おめでとうと文字の入った手作りの花のアーチが飾られていました。(写真3枚目)

その後教室に移動した生徒達の様子は取材出来ませんでしたが、各教室で担任の先生とクラスの仲間達、保護者との、感謝とお別れのドラマがあった事と思います。

卒業式を見ていて、お世話になった校長先生を始め先生方、事務やバスなど学校に関わる多くの方々が日々生徒達を見守り、育てて下さっていると言う事を忘れずに、感謝しながら、また新たに高校生活を送ってほしいと思いました。

『五体不満足』の本を書かれた乙武洋匡さんがつい先日TVで「何か出来ない事があったり、もうダメと思ったりした時は、『大丈夫、大丈夫』と心の中で唱えると、やる気がムクムクと湧きあがってきます。皆さんも是非そうやってみて下さい。」という話をされていました。

高校生活は、長い人生のうちの3年間で短いですが、生きる方向を考える大切な時間です。
是非この3年間の時間を有効に、将来のやりたい事を思い描きやりたい事を見つけ、それに近づく努力をしてほしいと思います。

第65回 日本大学第三中学校卒業証書授与式

2012年04月10日:トピックス , 連絡お知らせ

お知らせ

2012年3月9日(金)次の書類を配布いたしました。ご覧ください。
(1)生徒支援会レター第7号(高2以下生徒保護者用)
(2)父母の会ニュース第64号

2012年03月09日:お知らせ

« 前 || 1 | 2 | 3 |...| 17 | 18 | 19 || 次 »