卒業式にむけて ~高校3年学年委員会 コサージュ企画~

 6月24日(土)に、受験の気忙しいなか、高校3年生の幹事が卒業式のコサージュの企画のため集まりました。

 一言でコサージュといっても、色あい、花の種類、クオリティ、留め方……選ぶポイントは多岐にわたります。この日のために造花や生花のサンプルを取り寄せました。

制服に合わせてみました
「どんなものがふさわしい?」いろいろと話し合い、今年も生花となりました。

どうかな?
サンプルを実際の制服に合わせてみました。一言で「赤いバラ」といっても印象が違います。

 生徒支援会開設当時、生徒のために「何か新しいこと」を始めるきっかけになったのがこの高校卒業式のコサージュでした。学校と交渉し、新しい門出にふさわしいものを思案し「生花のコサージュ」が採用されました。
 生徒支援会開設当時からの卒業生保護者の特別な想いが込められているコサージュ。この想いを継ぎ、毎年3月1日の高校卒業式では、卒業生の保護者が企画したコサージュを贈呈しています。

 今年度も晴れの日をいっそう高めてくれる心に残るコサージュになりそうです。

<高校3年学年委員会より>


2017年07月01日:お知らせ