今年度クラス幹事及び私学振興拡充支部大会参加者選出のお願い

日頃より、学校および生徒支援会へのご協力ありがとうございます。
今年度のクラス幹事を選出する時期となりました。今年度のクラス幹事につきましては各クラスから2名選出していただき、1名は委員会担当(第1回幹事会=5月12日実施にてリサイクル、イベント、コミュニケーション委員会に振り分けます)、1名は学校担当として活動していただきます。3名以上になった場合や2名の方の申し出がなかった場合にはクラス担任の方で決まるまで調整させて頂きます。
また、例年10月に開催されております私学振興拡充支部大会の参加者も合わせて2名選出させて頂きます。今年度は10月13日(土)に三軒茶屋にあります昭和女子大学人見記念講堂にて14時より開催予定です(1時間半程度)。こちらはこの1回限りです。是非ご協力をお願いいたします。こちらは例年動員数が多いため、2名を越えた場合にも全員の方にお願いする予定です。

尚、第1回幹事会を5月12日(土)14時~16時食堂で開催します。また、ご質問やご希望がおありになる場合は、支援会担当の塩沢(042-793-2461直通)までご連絡下さい。

※ クラス幹事、私学振興拡充支部大会参加者が決まりましたら、は5月2日(水)までに皆様にご連絡を差し上げます。

2012年04月17日:会員へのお願いお知らせ

第65回 日本大学第三中学校卒業証書授与式

取材 コミュニケーション委員会

日大三中卒業証書授与式が3月22日(木) 本校講堂にて行われました。
前日の曇り雨の寒い天気から一転、中学校を巣立つ生徒たちを暖かく包む晴れの日となりました。

校長先生が「皆さんの事を誰より心配し、見守ってくれているのはお父さん、お母さん、ご家族の方々です。この事を忘れずに夢や希望を持ち続けてほしいと思います。健康に注意して、親切な心を大切に、新たに入ってくる生徒と仲良く高校生活を送って下さい。‥‥抜粋」とお話され、続いて来賓の先生のお話も、生徒達は真剣に聞き入っていました。(写真2枚目)

保護者代表の先生方への御礼の挨拶に「昨年の大震災の折りに悲しみの中にも協力する姿が、世界から称賛された話があり、日本人では当たり前の行動だが、それを忘れずに、高校生として新たな気持ちでさまざまな事に挑戦してほしいと思います。‥‥抜粋」と話されていました。

卒業式が終わり、暖かい拍手で見送られながら講堂を出る生徒達の表情は皆、中学校との別れの寂しさよりも、4月から高校生になるんだという誇らしい表情に見えたのが強く印象に残りました。

各教室に生徒と保護者が移動する通路には、卒業おめでとうと文字の入った手作りの花のアーチが飾られていました。(写真3枚目)

その後教室に移動した生徒達の様子は取材出来ませんでしたが、各教室で担任の先生とクラスの仲間達、保護者との、感謝とお別れのドラマがあった事と思います。

卒業式を見ていて、お世話になった校長先生を始め先生方、事務やバスなど学校に関わる多くの方々が日々生徒達を見守り、育てて下さっていると言う事を忘れずに、感謝しながら、また新たに高校生活を送ってほしいと思いました。

『五体不満足』の本を書かれた乙武洋匡さんがつい先日TVで「何か出来ない事があったり、もうダメと思ったりした時は、『大丈夫、大丈夫』と心の中で唱えると、やる気がムクムクと湧きあがってきます。皆さんも是非そうやってみて下さい。」という話をされていました。

高校生活は、長い人生のうちの3年間で短いですが、生きる方向を考える大切な時間です。
是非この3年間の時間を有効に、将来のやりたい事を思い描きやりたい事を見つけ、それに近づく努力をしてほしいと思います。

第65回 日本大学第三中学校卒業証書授与式

2012年04月10日:トピックス , 連絡お知らせ

お知らせ

2012年3月9日(金)次の書類を配布いたしました。ご覧ください。
(1)生徒支援会レター第7号(高2以下生徒保護者用)
(2)父母の会ニュース第64号

2012年03月09日:お知らせ

第64 回 日本大学第三高等学校卒業証書授与式

◆第64回 日本大学第三高等学校卒業証明書授与式◆

第64回 日本大学第三高等学校卒業証明書授与式  詳しくはpdfを見る
20120305-20120301.jpg

第64 回 日本大学第三高等学校卒業証書授与式

取材 コミュニケーション委員会

3 月1 日、第64 期生396 名は無事卒業式を迎えることができました。
校内には前日に降った雪が残り、春と呼ぶには寒い一日でしたが、6 年間又は3 年間お世
話になった先生方や職員の方々への感謝の気持ち、友人との惜別の情に胸の熱くなる一
日でした。

生徒支援会高等学校担当3 年生は、今年度の活動として卒業生の胸に生花のコサージュ
をつけることを提案致しました。初めての試みということで、先生方にもご意見を頂きな
がら、三高の制服に合い、高等学校卒業という人生の節目に相応しい花の選定、実際に生
徒がコサージュを付ける段取り等について議論を重ねました。当日の花の搬入方法や、コ
サージュの補修については、生花店様にご協力頂くなど、念入りな準備を経て、厳粛な式
に花を添えることができました。
保護者からは「華やかで良かった」「特に男子の制服に黄色いバラが映えて綺麗だった」
という嬉しい感想を頂きました。
実際にコサージュを付けた生徒からも「バラの香りがして綺麗だった」
「卒業式の雰囲気が盛り上がった」等の声が聞かれ、好評だったようです。

高3 の幹事にとりましては、今年度の支援会の活動開始から、短期間での企画、準備だ
ったため大変なこともありましたが、子どもが三高在学中最後の日に、生徒支援会幹事と
しての役割を果たすことができましたことを嬉しく思っております。
初めての試みということで戸惑いのある中、生徒支援会担当の先生方をはじめ、各クラ
スの担任の先生方にもご協力頂きましたことをこの場をお借りして感謝申し上げます。


2012年03月05日:報告お知らせ

~素晴らしかった合唱コンクール~

毎年楽しみにしている合唱コンクール。
今年は初めて平日(2月20日(月))に開催されました。
1年生は自由曲1曲、2・3年生は課題曲と自由曲の2曲を歌いました。
どのクラスも練習の成果が出ていたのではないでしょうか。
本当に素晴らしかったです。
そして今年は、先生方による合唱「旅立ちの日に」もありました。
先生方が歌いだすと生徒たちが、手を右に左にノリノリの様子で最後には手拍子をしていました。
三中生はノリが良く、学校行事を楽しんでいますね!

さあ、結果発表です!
総合順位は2・3年生の中から選ばれます。

最優秀賞・・・3年B組
優秀賞・・・3年H組
優良賞・・・3年C組

学年順位
1年・・・優勝1年G組  準優勝1年F組
2年・・・優勝2年A組  準優勝2年C組
3年・・・優勝3年B組  準優勝3年H組

終了後、数名の方に感想をお聞きしました。
  ・男女共良く声がでていた。 (中2女子 保護者)
  ・練習の成果が出ていた。 (中2女子 保護者)
  ・クラスで力を合わせられる行事で素晴らしかった。 (中2男子 保護者)
  ・一体感があり、声もよく出ていて良かった。 (中3男子 保護者)
  ・学年が上がるごとに声がでていた。 (中3男子 保護者)
  ・やっぱり子供の声は純粋で素直さが声に表れていた。 (中3男子 保護者)
  ・子供が一つの事に一生懸命がんばる姿が素敵でした。 (中3男子 保護者)
  ・1年生は1年生の良さがあり、2年生は2年生の良さがあり、3年生は3年生の良さがありました。 (中1男子 保護者)

ご協力ありがとうございました。

2012年03月01日:報告お知らせ

« 前 || 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 || 次 »